カラー・ド・ボーテの成分

白髪の対応策として、市販の白髪染めで対応している人は、かなり多いのではないでしょうか?美容院の方が良いかな?とはおもうものの、時間や経済的な物を考えると、家で自分で白髪染めを行わざるを得ないですよね。しかし、どうせ自宅で白髪染めを行うのなら、頭皮、髪に負担のかからない白髪染めをお勧めしたいと思います。カラ・ド・ボーテは、トリートメントタイプの白髪染めであり、簡単に使えて、かつ非常に頭皮や髪の毛に負担がすくない製品なのです。
ではどういった成分が使われているのか、どういった仕組みで白髪染めが行われているのでしょうか。代表的な成分としてあげられるのは
・クチナシアカネ科のクチナシ属の植物で、10月ごろに果実をつけます。東アジアに広く分布しており、乾燥させる事で黄色や青色の着色料として使われてきました。
・ベニバナエジプト原産の1年草で、7月ごろに花がつきます。その花を発酵、乾燥させることで紅色の染料、着色料の材料になります。
・ウコンショウガ科の多年草であり、熱帯を中心に広く分布する植物になります。衣服の染料、また美肌、美容の為にも使われてきました。
こういった、肌に優しい植物由来の染料が配合されています。またこれだけではなく、美容成分も30種類もの成分が含まれており、それらも基本的に天然または植物成分のものが含まれているのです。そのため、化学薬品独特のツーンとした匂いがする事がなく、優しいラベンダーの香りでリラックスして使う事ができる仕上がりになっているのでしょう。