気つけ薬の味は絶対美味しくない

何なのこれ綾瀬誰かが私を呼ぶ声がしてそちらを振り向くと遠くに小さな光が見えた綾瀬こっちだ雪代教授の小枝。
私は無我夢中で光に向かって走ったやがて霧雨の中から見慣れた建物が現れた緊急出動だ私がその扉を開けるとぐいっと強い力で腕を引かれた諭吉の教授である教授は私の腕を引いて供述に押し込んだまったくだから言ったのにほらのめ教授はそう言ってマグカップに入った飲み物を差し出した。
これは苦い汁だ気が散る雑草なんか鬼たものだ猛烈にまずいが日付になるさゝメ諭吉の教授に促され私はマグカップの中のにが汁を一気に飲み干したそれは今まで飲んだどんな飲み物よりも苦い凄まじい味がしたんだがおかげでなんだか頭がすっきりしたように感じる。ただし、すららの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、うんもう大丈夫みたいだね雪代教授がカーテンを開けた霧雨が止んで晴れ間が見えている今日中すいませんでしたま私の監督不行き届きでもあるなのに字が出てる教授が雨戸を開けたその瞬間私は見てはいけないものを見た気がしたあるはずのない場所にある耳それは獣の耳のようだったがもう帰れるよ綾瀬夕日を背にこちらを振り向いた教授の顔を私は見られなかった。