自家製チャーシューへの道

最近、チャーシュー作りにハマっている。
近所のラーメン屋のチャーシューが大好物の息子に喜んでもらいたくて、自分でも作り始めた。
まずはレシピを調べるのだが、私が調べたほとんどのレシピは醤油ベースの甘辛い味付けだった。
角煮とほぼ同じ味付けだ。
しかし、前述したラーメン屋は塩味のあっさりしたもので、私が目指すものもこれである。
困った私は、とりあえず塩、鶏がらスープ、醤油、酒をベースに完全オリジナルレシピで挑戦してみた。
分量もいい加減なものだ。
母親として人並みに料理はしてきたので、正直そこそこのものは出来上がると思っていた。
しかし出来上がりはなんともぼやけた味で、とにかく薄い。
これではダメだと調味料を増やして煮込む。まだ薄い。
どうやらこれ以上は味が入らないようだ。
はじめてのチャーシューは大失敗。
味見で大半がなくなり、残りは細かく刻んでチャーハンの具として冷凍した。
次回までに、まずはよさそうなレシピを探すことをする必要がある。
ラーメンに添えられるチャーシューへの道のりは長い。